【良質】体がスリムになり、腹筋も割れ、心のタフネスもあがる「美白ケア法」

人気記事ランキング

ホーム > 日記 > 私の大切な妻。アナスイをあげたこともある。

私の大切な妻。アナスイをあげたこともある。

酒の好きな女房は今朝は珍しく早起きでした。目覚めると俺の傍らで本などを読んでいる。
朝食の用意も既に出来上がっていて,非常に成績が宜しい。
いつもの朝とは何か違うんだよなと不思議に思ってみたりする。そうか、夕べの焼酎が良く効いて、早く寝付いたんだな。
所謂いうところの、寝酒と言う奴かな。飲めなかった女房に酒を教えたのは、この俺だけけれども、やっぱり、思惑どおりに成ったな。
酒をのませてから少しだけ可愛くも見えてきた女房でした。
最近はお腹が出てきて、ズボンが入らなくなってきた、女房はダイエットに、というよりは、健康管理に体重計を買ってあげることにした。本人も随分と欲しがっていたので最終的にデジタル表示の物にした。
サツドラまで、二人で自転車で行って、他の買い物もついでにして、家に帰ってから、早速、例の物に電池を四つ入れてあげて、体重測定です。
女房は63kg、俺は100kgだ。多いのか、それともすくないのか。
女房には間食を控えるようにいいたいところでも有る。
ダイエットの効果は如何に。
運動は買い物に行ったりしているので問題はないはず。その様に女房も言っているので、だいじょうぶだろう。
気がつくと遠くで電車が過ぎ去る音が聴こえてた。
最近はアップルミントなどを育て始めた女房だが、
水やりを、忘れがちで、萎れてきたようなので内緒で水やりをしてやる。
ひよこを眺めて女房の一日は始まる。長生きしてほしい。
そんなことを、ぼんやりと思いながら、今日も書いている日常と成った。いつまでも爽やかな風が流れていた。
彼女のために買ってあげたアナスイだけど、もう使わないようなので買取の申込みをしてあげよう。→アナスイ買取について